アイキララは子どもが使っても大丈夫?

 

アイキララ,子ども

 

アイキララは目の下のクマやたるみを原因の根本から解消できるアイクリームとして人気の商品です。

 

アイキララは本来加齢によるコラーゲンの減少等が原因の皮膚やせを解消することで目の下のクマやたるみを解消するアイクリームです。

 

しかしながら目の下のクマやたるみの原因は加齢によるもの以外にもあり、子どもでも目の下のクマに悩まされている場合があります。

 

そこでアイキララは子どもでも使うことができるのか気になるところです。

 

 

アイキララは子どもでも使える?

 

アイキララ,子ども

 

アイキララは目の下のと言う、顔の中でも皮膚が薄く非常にデリケートな部分に塗るクリームです。

 

したがって皮膚の弱い人が使っても問題の無いように、肌に刺激やダメージを与えるような添加物や有害な成分は使用していません。

 

だからアイキララは大人だけでなく子どもでも安心して使用することができます。

 

但し子どもが使用する場合には、間違って目や口に入れたりすることのないように、必ず保護者の見ている前で使用するようにしてください。

 

また子どもは大人よりも目の下の皮膚が薄いので、使用する前にはなるべくパッチテストを行うようにすると良いでしょう。

 

子どもの目の下のクマの原因は?

 

アイキララ,子ども>

 

目の下のクマは本来大人特有のものと思われがちですが、子どもにもできる場合があります。

 

子どもにできる目の下のクマは次のような原因が考えられます。

 

眼輪筋の動きが弱い

 

子どもの目の下のクマの原因としては眼輪筋の動きが弱っていることも考えられます。

 

例えば1日中スマートフォンやゲームの画面を見すぎたりしていると、目の周リの筋肉を使うことが少なくなることによって、目の周りの毛細血管が血行不良を起こし、毛細血管の鬱血がこどもの薄い目の下の皮膚を通して透けて見えることがあります。

 

このようにして子どもに目の下のクマが出来てしまいます。

 

眼輪筋の運動不足による目の下のクマを解消するためには、運動不足に陥っている眼輪筋を鍛えるトレーニングが効果的です。

 

トレーニングは次のように行います。

 

アイキララ,子ども

 

1:目を5秒間ギュッと力を入れて閉じる

 

2:目を5秒間力をいれて見開く

 

1と2を5セット繰り返してください。

 

3:5秒間遠くを見つめる

 

4:5秒間、より目にして自分の鼻先をみつめる

 

3と4を5セット繰り返す

 

以上のエクササイズで眼輪筋を鍛えて、眼輪筋の運動不足による目の下のクマを解消することができます。

 

 

アイキララの口コミでわかる購入者の本音とは?