なぜ効果を実感できる人とできない人がいるのか?

アイキララ,レビュー,口コミ,効果

アイキララの口コミ等をみてみると、効果がある人とない人がいるのがわかります。

 

その違いは両極端で、効果がある人は早い人では一週間で、
多くの方は1〜2ヶ月ほどで効果を実感することができます。

 

一方でせっかく購入したのに全く効果が感じられない方がいるのも事実です。

 

では個人差以外に効果が実感できる方とできない方とではどのような違いがあるのでしょうか?

 

アイキララの効果を実感できない目の下のクマとは?

アイキララ,レビュー,口コミ,効果

アイキララの効果を実感できるか人とできない人、
その違いは目の下のクマの種類にあります。

 

一般に目の下のクマには青クマ、黒クマ、茶クマの三種類のクマがあり、
それぞれ原因がことなります。

 

このなかで目の下のクマが茶クマの場合にはアイキララを使っても効果がありません

 

なぜなら茶クマは目の下の皮膚に色素が沈着してしまうことにより生じたクマなので、
アイキララで目の下の皮膚痩せを解消しても無くならないからです。

 

ちなみに茶クマの見分け方は目の下の皮膚を下に引っ張った時にクマも一緒に動く場合は茶クマだと考えられます。

 

茶クマを解消するにはアイキララを使用するよりも美白化粧品等で目の下の皮膚の色素の沈着を解消するとよいでしょう。

 

青クマと黒クマには有効

 

一方で青クマは目の下の血管の血行不良が原因で生じます。

 

目の下の皮膚は薄いので、目の下の血管内で血液が溜まってしまうことで青くクマができてしまいます。

 

目の下の皮膚を引っぱてもクマが動かない場合は青クマが考えられます。

 

また黒クマは目の下の皮膚がたるんでしまうことにより生じるクマです。

 

黒クマの見分け方は目の下の皮膚を引っ張った時にクマが消える場合は黒クマだと考えて良いでしょう

 

ちなみに青クマと黒クマはアイキララで目の下の皮膚に働きかけて、潤いとハリを与えることで解消することが可能です。

 

このように目の下のクマの種類によってアイキララの効果の効き目が異なってくるので、自分の目の下のクマがどのような原因で生じているのがしっかり確認しておくことが大切です。