アイキララでたるみを解消することはできるのか?

アイキララはこれまでになかった目の下のクマを根本から解消できる人気のアイクリーム。

 

従来は化粧などで隠すしか無かった目の下のクマをケアできると言うことで話題を集めています。

そんなアイキララですが目の下のクマだけでなくたるみもケアすることができるのか気になるところです。

 

目の下のたるみはシミやシワ以上に見た目が年齢よりも老けて見えてしまうのでなんとかしたいと言う人も多いと思います。

 

そこでアイキララが目の下のたるみにも通用するのか調べてみました。

 

そもそも目の下のたるみの原因とは?

 

老化によるコラーゲンの減少

 

目の下のたるみの一番の要因は老化により目の下の皮膚の内側のコラーゲンが減少してしまうことです。

 

年齢と共に代謝は衰えますが、その代謝の衰えによりコラーゲンの生成も衰えてどんどん減少していきます。

 

特に目の下の皮膚は薄いことからコラーゲンの減少の影響を受けやすいです。

 

コラーゲンが減少することで栄養分や潤いを皮膚の内側に蓄えることができなくなり、目の下の肌がハリと弾力を失うことでたるみにつながります。

 

表情筋の衰え

顔の表情筋のなかでも目の周りの筋肉の衰えは目の下のたるみに繋がります。

 

目の周りの筋肉が衰えると皮膚や皮下脂肪を支えることができなくなり、重力により下に落ちることで目の下のたるみとなります。

 

日常生活で1日中パソコンのモニターの前で仕事をしていたり、テレビやスマホを見ている時間の長い人は瞬きの回数が極端に少なくなることから表情筋が衰えやすいです。

 

なおパソコンやスマホのモニターから発せられるブルーライトも目の周りの肌に負担を与えシワやたるみの原因となるので注意が必要です。

 

皮下脂肪の増加

 

老化による目の下の皮下脂肪の増加も目の下のたるみの原因となります。

 

目の周りの皮下脂肪は普段は目の周りの組織を保護する役割をしています。

 

しかしながら加齢によって余分な脂肪が蓄積されて次第に重みにより下部に下がってくることによりたるみの原因となります。

 

アイキララで目の下のたるみに有効か?

 

アイキララには目の下のたるみの原因となるコラーゲンの減少をケアするMGAが配合されています。

 

MGAはビタミンC誘導体の一種でコラーゲンの生成をサポートします。

 

アイキララを目の下のに塗ることで、MGAが肌の内側に浸透して加齢により衰えたコラーゲンの生成を促進。

 

コラーゲンを失って痩せてしまった目の下の皮膚の内側に栄養分や潤いが蓄えられることによりハリと弾力を取り戻してたるみを解消します。

 

 

アイキララ,たるみ

 

>>アイキララの口コミとレビュー