アイキララは老け顔の原因ともなる目の下の悩みに効くアイクリーム。

 

化粧で隠すのではなく、加齢によるコラーゲンの減少に着目して、対策してケアする新しい発想が話題です。

 

実際に使ってみた人の満足度も80%以上と非常に高い評価を得ている商品です。

でも新しい発想のケア商品だからこそ内容成分などに副作用の心配が無いかどうか気になりますよね。

 

そこでアイキララに副作用の心配がないのか?また使用上の注意などについて詳しく調べてみました。

 

成分に副作用の心配は無いか

アイキララの副作用に関しては現在のところ、何らかの副作用が生じたと言う報告はありません。

 

アイキララは着色料、保存料、防腐剤と言った身体に悪い影響を及ぼすような成分は一切使っていません。

 

そして内容成分については植物由来の肌に優しい成分が中心となっています。

 

だからアイキララは副作用の心配はほとんど無く、敏感肌の人やさらに肌がデリケートで安全性が要求される子どもでも安心して使うことができます。

 

副作用を起こさないために

 

アイキララに使われている成分は副作用の心配がほとんど無い安全な成分が中心になっています。

 

しかしながら、いくら使われている成分が安全だと言っても使い方を間違えると事故の原因となります。

 

初めて使用する時は慎重に

アイキララを初めて使用する場合にはまずほんの少しつけてみて肌に以上が起こらないか確認してください。

 

この時万が一肌に以上を感じた場合にはすぐに洗い流して使用を中止してください。

 

また敏感肌の人やアレルギーが有るという人は使う前に配合されている成分についても確認してください。

 

アイキララに使われている成分はアレルギーテストが行われていますが、それでもすべての人に影響が無いとはいい切れません。

 

保管に気をつける

アイキララには保存料や防腐剤が使われていないので、開封後は2ヶ月以内に使い切ってしまう必要があります。

 

また副作用とは関係がありませんが、開封して使った後は例えば湿度が低くなったりすると中身が硬くなってしまったりします。

 

すると中身が容器から出にくくなって非常に使いづらくなってしまいます。

 

その為開封後は直射日光や温度が高くなる場所、湿度の高い場所は避けて常温で保管する必要があります。

 

 

アイキララ,副作用

 

>>アイキララの口コミとレビュー